Entertainment

イラスト、マンガ、アニメーションへの深層学習応用

Overview

Preferred Networksは、クリエイティブ産業向けに深層学習などの先端技術を活用した制作手法を提案しています。クリエイターの作業負担・工数を削減することで、より創造的な活動に注力し、新しい表現・体験が実現できるようになることを目指しています。

Features

キャラクター生成プラットフォーム Crypko™

高品質のキャラクターを無限に生成

パーツごとにユーザーの好みを反映

多数の2Dキャラクター画像を学習したPFN独自のGAN(Generative Adversarial Network: 敵対的生成ネットワーク)を利用し、高品質な2Dキャラクターの立ち絵を自動生成します。また、描画のスキルがなくても、パーツごとに好みや意図を反映させてイメージ通りのキャラクターを手早く具象化することが可能です。

Crypkoは、WFS株式会社と共同開発中のアプリ『進化する少女型情報体 MEMES/ミームズ』のコアテクノロジーとして採用されています。

アニメの背景美術制作支援ツール Scenify™

深層学習を活用したPFNの画像変換およびセグメンテーション技術により、風景写真をアニメ調の背景素材に自動変換します。これまで背景美術の前処理工程に要した時間を大幅に短縮することで、クリエイターが創造性を発揮する作業により多くの時間を充てることができます。Scenifyは、東映アニメーション株式会社による長崎県佐世保市を舞台としたサイバーパンクの実験映像『URVAN』の制作に使用されました。

高精細3Dモデル生成システム

実物の写真

3Dスキャンで生成した高精細モデル

回転させた3Dモデル(低解像度)

3Dモデルのメッシュ構造(低解像度)

実物のアイテムを専用の3Dスキャナーに配置し撮影するだけで、映像作品やゲームで使える高精細な3Dモデルを自動生成します。様々な材質や大きさの被写体に対応しており、小型のアイテムであれば、約6時間の撮影作業で当日中に200点以上の3Dモデル化が可能です。生成した高精細3Dモデルは市販の編集ソフトで自由に加工・複製できます。本システムは、バーチャルシンガーHACHI(RK Music所属)の楽曲『20』をフィーチャーした短編動画(企画・制作:PFN、キングレコード株式会社、株式会社ポリゴン・ピクチュアズ)の制作で使用されました。

線画自動着色サービスPetalica Paint™

線画ファイルをアップロードするだけでフルカラーのイラストが完成。色指定により、誰でも自分の思い通りのイラストが作成可能。

“たんぽぽ” “さつき” “かんな” の3種類の着色スタイル

 

アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』に技術提供

深層学習技術により、画像を再解釈して抽象化する

深層学習技術による群衆シミュレーションとモーション生成

Other Projects

Contact

お問い合わせはこちらまで。